サンダルウッドとは

サンダルウッドは白檀とも呼ばれ、日本ではお香の原料として古くから使われており、インドでは寺院での瞑想時の薫香に使われています。
まったりとした深い甘みを湛えた特徴的な香りがし、静かなお寺を連想させる香りになっています。
深くリラックスさせる効能があるので瞑想や睡眠の時におすすめの精油です。肌を柔らかくする美容効果もあり肌質を気にせずに利用することが出来ます。また、喉の痛みなど気管支系の不調を楽にして利尿作用にも効能があります。
小物01粘度が高い精油のため、一滴が出るのに時間が掛かります。製品によっては出やすいようにドロッパーが工夫されているものもあります。
揮発性が低いので長時間をかけて安全に穏やかに作用しゆったりと楽しみたいときや睡眠時には抜群の効果を出します。
ベースノートに区分されるサンダルウッドは香りの持続時間も長く、1滴でも2時間以上は香りを堪能することが出来ます。香りの定着性が高いので一度に多くの量を使用することは控えるようにしてください。また、気分が沈んでいるときには使用を避けるようにするにしてください。
アロマポットがなくてもティッシュやコットンに1滴落とすだけでも香りの作用は同じです。

コメント

コメントを受け付けておりません。