サンダルウッドとは

主な芳香成分

カテゴリー 未分類

小物03サンダルウッドは、世界中でお香などの原料として、昔から長く使われています。気分を落ち着け、リラックスさせる香りは、古くからさまざまな人に愛用されていて、今も変わらず高い人気があります。特にインドでは、昔から寺院などで瞑想を行ったり、儀式をする際に使用されていたりと、そのリラックス効果は古くから評価されています。

 
そんなサンダルウッドの主な芳香成分は、セスキテルペンアルコール類と呼ばれるものです。その中には、α-サンタロール、β-サンタロール、α-エピサンタロール、β-エピサンタロールと呼ばれる成分が含まれています。その中でも、α-サンタロール、β-サンタロールは、心臓の働きを促進させ、血行を良くする機能を持っています。高ぶっている精神を落ち着け、睡眠に入りやすくする効果があるので、寝る前に匂いをかぐと良いでしょう。また、ヨガや瞑想など、落ち着いた雰囲気で体をストレッチする時などにもぴったりです。サンダルウッドは、体も心も深くリラックスできるので、ゆっくり体を伸ばし日頃の疲れをとると良いでしょう。サンダルウッドを使用したお香やアロマオイルなどが多数販売されているので、ショップを覗いてみるのも良いです。

コメント

コメントを受け付けておりません。